日曜日, 6月 23, 2024
K8独占なパチンコ機で遊ぶだけで、20,000円💰相当をベットした、1,000円💰相当の豪華ボーナスが進呈されます!
ホームカジノニュース日本における初の事例、23億円の容疑でオンラインカジノ運営者が逮捕

日本における初の事例、23億円の容疑でオンラインカジノ運営者が逮捕

日本における初の事例、23億円の容疑でオンラインカジノ運営者が逮捕

オンラインカジノの運営者が全国で初めて逮捕されたとのことです

全国的に初めての逮捕者は、アメリカ国籍のランダル・アーロン・アシャー容疑者(36)と、20代から40代までの日本国籍の男女6人で、彼らは賭博場開帳図利の疑いで逮捕されました。

オンラインカジノは日本では違法!?賭博法や逮捕事例、今後の法改正まで詳しく解説 | CASINO LOBBY(カジノロビー)

彼らは会員制オンラインカジノを運営し、ネット上で客に賭け麻雀を提供し、その対価として金銭を得た疑いがかかっています。

これまでにおおよそ23億円の入金が客から確認されているとのことです。

京都府警察によれば、オンラインカジノサイトの運営者が逮捕されるのは全国初の事例だとしています。この逮捕は、日本国内のオンラインカジノに対する厳格な取り締まりの一環と見られています。

オンラインギャンブルに対する法規制が進む中、これらの逮捕は一般の利用者にも注意を喚起する要因となりそうです。

なぜ…違法なのに取り締まれない!? オンラインカジノ 専門家に聞く - クローズアップ現代 - NHK

オンラインカジノ運営疑惑で7人が逮捕、京都府警が全国で初の捜査に着手

インターネット上で違法に賭け麻雀を提供するオンラインカジノを運営したとして、京都府警は1月19日までに、賭博場開帳図利の疑いで、千葉県などに住む20代から40代の男女7人を逮捕しました。府警によれば、これは全国で初めてサイト運営者がこの容疑で逮捕された事例となります。逮捕は1月18日に行われました。

ネットで賭けマージャン オンラインカジノ運営疑いで男女7人を逮捕 沖縄県警や京都府警など全国で初めて (2024年2月20日) - エキサイトニュース

容疑者らは、海外法人が管理する「DORA麻雀」という日本人向けの会員制マージャンサイトで、様々な業務を担当していたとされています。

逮捕容疑は、共謀して昨年の3月から12月にかけて、サイト上で6人の顧客に賭け麻雀を提供し、場所代として金銭を徴収したというものです。

読者の評価

  1. 佐藤太郎: 新聞を読んで、オンラインカジノ運営者が逮捕されたことに驚きました。これからもっと厳しい規制が必要ですね。個人情報の安全性や法令順守に注意して、安心してオンラインギャンブルを楽しむ方法を考えなければなりません。
  2. 田中美和: オンラインカジノの運営者が逮捕されるなんて、考えられなかったですね。遊びではなく、不正な手段で大金を稼ぐ人たちがいるとはショックです。これからは信頼性のあるサイトを利用することが大切です。警察の取り締まりが強化されることを期待します。
  3. 小林悠子: オンラインカジノの運営者が逮捕されたと聞いて、不安に感じます。私たち利用者が楽しみながら安全にプレイできるように、業界全体で信頼性の向上に取り組んでほしいです。違法な運営者の逮捕は、合法的で安全なギャンブル環境を築くための一歩だと思います。

 

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -

最も人気のあるニュース

最近のコメント