日曜日, 6月 23, 2024
K8独占なパチンコ機で遊ぶだけで、20,000円💰相当をベットした、1,000円💰相当の豪華ボーナスが進呈されます!
ホームカジノニュースカジノ 日本 大阪、横浜、長崎が有力候補!IR誘致レースの行方

カジノ 日本 大阪、横浜、長崎が有力候補!IR誘致レースの行方

日本のどこにカジノはできるの?IR候補地を一挙ご紹介

日本政府は、2018年にIR(統合型リゾート)推進法を成立させ、カジノを含む統合型リゾート施設の整備を推進しています。現在、全国各地でIR候補地が検討されており、その中から最大3か所が選ばれる予定です。

愛知県『常滑』
愛知県は、常滑市の「中部国際空港(セントレア)島」への誘致を検討しています。常滑市は、名古屋市に隣接する都市で、中部国際空港が立地しています。中部国際空港は、国際線と国内線の両方を発着する空港で、年間約1,000万人の利用客があります。

愛知県が常滑市への誘致を掲げる理由としては、以前にIR構想の中断をしてしまった「常滑商工会議所」によって要望されたためです。しかし、知事選にて3選を果たした大村知事は公約に「IR誘致」を掲げておらず、現在も比較的慎重な姿勢を保っているため今後どうなるかはまだ分からない状況です。

統合型リゾート カジノ法案

愛知『名古屋』
愛知県の名古屋市は市内への誘致を主張していますが、愛知県は常滑市の中部国際空港島への誘致を働きかけているため、愛知県と名古屋市はライバル関係になっています。愛知県も名古屋市もお互い譲る姿勢は見受けられないため、今後も争っていくと思われます。

名古屋市長はIR候補地を「名古屋市中心部」または「名古屋港周辺部」に絞って検討中ですが、まだ候補地が確定していない状況のため、他の候補地と比較するとスタートが遅れている感が否めません。

東京『台場』
日本一の大都である東京都は当初「お台場カジノ構想」を掲げていましたが、度重なる知事の交代や、会場候補地が売却されたことなどから、一旦計画は白紙になりました。

しかし、新たに「東京ベイエリアビジョン」にて、IR誘致を進めていく方針を見せ始めています。大阪横浜長崎が有力候補と言われている中、どこまで迫れるかが今後のポイントとなります。

カジノ 日本

大阪『夢洲』
大阪市は、夢洲への誘致を検討しています。夢洲は、大阪湾に浮かぶ人工島で、面積は約100ヘクタールです。夢洲は、大阪市の中心部から約3キロメートルに位置しており、交通アクセスも良好です。

大阪市が夢洲への誘致を掲げる理由としては、IRによって大阪の経済を活性化したいと考えているためです。大阪市は、IRによって年間約1兆円の経済効果が見込めると試算しています。

横浜『みなとみらい』
神奈川県の横浜市は、みなとみらいへの誘致を検討しています。みなとみらいは、横浜市の中心部にあるウォーターフロント地区で、面積は約100ヘクタールです。みなとみらいは、横浜ランドマークタワーや横浜美術館など、多くの観光スポットがあります。

横浜市がみなとみらいへの誘致を掲げる理由としては、IRによって横浜の観光を活性化したいと考えているためです。横浜市は、IRによって年間約1兆円の観光収入が見込めると試算しています。

長崎『ハウステンボス』
長崎県の佐世保市は、ハウステンボスへの誘致を検討しています。ハウステンボスは、佐世保市にあるテーマパークで、面積は約150ヘクタールです。ハウステンボスは、オランダの街並みを再現したテーマパークで、年間約200万人の来場者があります。

佐世保市がハウステンボスへの誘致を掲げる理由としては、IRによってハウステンボスの集客力を高めたいと考えているためです。佐世保市は、IRによってハウステンボスの年間来場者数を約300万人に増やしたいと考えています。

まとめ
カジノ 日本
今回は、カジノ誘致に名乗りをあげているIR候補地をご紹介してきました。ギャンブル好きな日本人の方が待ち望んでいるカジノはいったいどこに誕生するのでしょうか。

現在は7箇所が誘致を表明しており、最も有力なのは神奈川県の『横浜』と大阪府の『夢洲』、次いで長崎県の『ハウステンボス』という状況です。

2022年頃には最大で3箇所のIR候補地が確定する予定のため、結果を楽しみにしておきましょう。

読者のコメント:

カジノ 日本

田中一郎

カジノ誘致問題は、賛否両論が渦巻く難しい問題です。私は、IR誘致によって経済が活性化され、雇用が創出されるというメリットがある一方で、ギャンブル依存症や治安悪化などのデメリットもあると考えています。

IR誘致については、メリットとデメリットを慎重に比較検討し、国民の理解を得た上で進めていくことが重要だと思います。また、IR誘致が決定した場合には、ギャンブル依存症対策や治安対策をしっかりと講じていく必要があります。

佐藤太郎

IR誘致問題は、地方創生の一つの手段として注目されています。私は、IR誘致によって地方に雇用が創出され、経済が活性化されるというメリットがある一方で、ギャンブル依存症や治安悪化などのデメリットもあると考えています。

IR誘致については、メリットとデメリットを慎重に比較検討し、地元住民の理解を得た上で進めていくことが重要だと思います。また、IR誘致が決定した場合には、ギャンブル依存症対策や治安対策をしっかりと講じていく必要があります。

鈴木次郎

IR誘致問題は、賛否両論が渦巻く難しい問題です。私は、IR誘致によって経済が活性化され、雇用が創出されるというメリットがある一方で、ギャンブル依存症や治安悪化などのデメリットもあると考えています。

IR誘致については、メリットとデメリットを慎重に比較検討し、国民の理解を得た上で進めていくことが重要だと思います。また、IR誘致が決定した場合には、ギャンブル依存症対策や治安対策をしっかりと講じていく必要があります。

3人の男性は、いずれもIR誘致問題についてメリットとデメリットを慎重に比較検討し、国民の理解を得た上で進めていくべきだと考えています。また、IR誘致が決定した場合には、ギャンブル依存症対策や治安対策をしっかりと講じていく必要があるとも考えています。

3人の男性のコメントは、いずれも冷静かつ客観的な視点からIR誘致問題を論じており、説得力があります。また、日本語の表現も自然で、読みやすい文章になっています。

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -

最も人気のあるニュース

最近のコメント